実際に草花が見られる庭園の紹介1

198月 - による wsadmin - 0 - 実際に草花が見られる庭園の紹介

ここでは、様々なテキスタイルのモチーフとなっている植物など、実際に見られるスポットをご紹介。

のこのしまアイランドパーク

まずは、私の大好きなUNIKKO柄のモチーフになったヒナゲシが見られる公園。福岡県の能古島という小さな島にあります。

 

ポピーの開花時期である3月中旬〜5月中旬に訪れると、一面に咲き乱れるポピーを見ることができます。赤いヒナゲシもこの時期に見ることができます。私もちょうどこの時期に行ったことがあるのですが、ちょうどお天気も良い日で、真っ赤なヒナゲシが一面に咲く様子は、まさにUNIKKO柄の迫力に負けず劣らず!

他にも菜の花、桜、コスモス、水仙などの名所でもあり、一年中植物を楽しめます。

□能古島について

「能古島」は、福岡市姪浜の能古渡船場からフェリーで約10分で行ける、周囲約12kmの島。季節の花や海などが美しく、島内ではさまざまな絶景に出会えます。また、7世紀前後につくられたとされる「早田古墳群」、江戸時代の鹿の狩猟場のなごりの「鹿垣」など、歴史を感じさせるスポットも数多く点在。

引用元:福岡から日帰りで行ける島、「能古島」と「志賀島」の観光・楽しみ方(福岡公式シティガイドYOKA NAVI)

 

ちなみに能古島について調べていたら、こんなサイトを見つけました。

 

福岡移住計画

確かに、能古島でのんびりと自分らしい暮らしを追求しながら生活するのも楽しそう・・・!ヒナゲシも好きな時に見にいけるし、楽園だろうなあ・・・!笑

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

次は、日本でも珍しい、野生の草花が中心の公園。

こちらの公園のテーマは、「自然風庭園」。世界中の野生草花や、園芸用草花の中でもタフで厳しい環境下でも美しく咲くものが中心に植えられています。つくられた庭ではあるのですが、あたかも野生の環境下で咲き乱れる野草による景色を楽しむことができる、ユニークな庭園です。

 

こちらの庭園は、各エリアにコンセプトがあって、それがとってもユニーク。

例えば「ちょっと懐かしい木漏れ日の庭」。

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

画像元:http://www.wfg-bluebonnet.com/guide/garden03.html

 

「30代の夫婦と小学生低学年の子供2人に犬一匹。家族が集まるセカンドガーデン」というコンセプトの元に作られたお庭です。お母さんはここでガーデニングを楽しみ、子どもたちはお父さんと犬と庭遊びなんかをするのでしょうか。とっても夢のあるお庭ですよね。

私は、こちらの「ジャパニーズワイルドフラワーガーデン」もなかなか好みでした。

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

画像元:http://www.wfg-bluebonnet.com/guide/garden15.html

 

こちらでは、日本に古くからある植物で作られた日本の自然美を楽しめるお庭です。小さい頃に見慣れた少し田舎の風景が目の前に蘇るようで、こちらもちょっと懐かしい気持ちになります。

 

そして何と言ってもこのガーデン内でいちばんの広さを誇る「ワイルドフラワーの里」。種播きによる手法を使って植えられた草花がランダムに咲き乱れる様子はその名の通りワイルドで活き活きとしていて、とてもパワーがもらえます。

名古屋港ワイルドフラワーガーデンは名古屋市港区に位置しています。バス・車など交通手段は種々ありますが、名古屋港から水上バスが出ているので、天気がよければ水上バスで向かうのも気持ち良いです。本数が少ないので時間には要注意です。

Samurai Cruise

この周辺は、国際貿易港でもある名古屋港があり、ウォーターフロントを活かした街づくりが進められているため、ワイルドフラワーガーデンのみならず、名古屋港水族館、海洋博物館など、海辺らしい雰囲気が楽しめるスポットがたくさんあります。また、すぐ隣の南区は、市内有数の工業地帯として発展してきたエリアではありますが、数々の緑地公園が点在しており、港区のエリアと合わせて海と緑が楽しめるため、街歩きにもピッタリです。大江川緑地という東西に伸びる長い緑地公園があるのですが、お散歩をするのにぴったりでした!端から端まで歩くとかなりの運動になります・・・!

□名古屋市南区の歴史

旧東海道沿いに笠寺観音(尾張四観音の一つ)や笠寺一里塚があり、南区の歴史を伝えています。江戸時代の新田開発で愛知海苔などの海産業が栄えたものの、伊勢湾台風以降は衰退。その後は、鉄鋼や金属などの工場が建ち並ぶ市内有数の工業地帯として発展してきました。

引用元:愛知県名古屋市南区の不動産の購入、売却ページ(ファミリアホームサービス )

これからも新しく開拓したお庭や、旅行先で訪れたお庭など、アップしてご紹介してまいります!